• ホーム
  • もし妊娠中にクラミジアに感染していることがわかったらどうすればいいのか

もし妊娠中にクラミジアに感染していることがわかったらどうすればいいのか

妊娠しているときに性病になることはないと勘違いしている人もいるようですが、感染するような行為を行ってしまった場合や、妊娠前に感染していた場合は妊娠中にクラミジアの発症に気がついてもおかしくありません。もしもクラミジアを発症していることに気がついたのであれば、早いうちに対策をとらなければ大変な事態を招いてしまう可能性があります。胎児に影響を与える可能性もあるので、クラミジアの感染に気がついたときにはすぐに医師に相談するようにしてください。

妊婦さんがクラミジアを患っていると、出産するときに赤ちゃんが産道を通るので、そこで赤ちゃんがこの感染症に感染する恐れがあります。産道でクラミジアに感染してしまうと産まれたときから赤ちゃんが病気の状態になってしまい、場合によっては失明することもあり危険です。医師に相談すると怒られるかもしれないなどと不安になって病気を隠そうとする人もいますが、早く相談すれば治療などによって大きな問題を引き起こさずに済む可能性が高いので、病気に気がついたときには直ちに相談しなければなりません。治療ができるのであれば妊婦さんでも安全な治療法でクラミジアの症状の改善を目指すことになりますし、それが難しいのであれば出産方法を帝王切開に切り替えたりすることもあります。

たとえ妊娠しているときであってもセックスやオーラルセックスによってクラミジアに感染してしまう恐れはありますし、すでに妊娠しているからという理由でコンドームを着用しない人が多いのでより感染しやすいと言えるでしょう。妊娠して困ることがない場合であってもコンドームを使用せずに性行為を行うと病気になってしまい、その結果胎児に影響を与えてしまう可能性があるのでとても危険です。妊娠しているときは赤ちゃんのことを考えて、いつも以上にクラミジアなどの病気に感染しないように心がけておかなければなりません。

妊娠中には妊婦検診などを受ける機会が多いので、そのときなどにクラミジアの感染が発覚することもありますが、分かったときにはすぐに主治医に相談しましょう。先延ばしにしてしまうと対応が遅れてしまう可能性があるので、適切な治療を進めたり対策をとったりするためにも素早い行動が大切だと言えます。お腹の中に赤ちゃんがいるときに性感染症にならないようにすることが最も大切ですが、感染が発覚したときは適切な行動を起こすようにしてください。