• ホーム
  • クラミジアに感染しているかもしれないと思ったら血液検査を

クラミジアに感染しているかもしれないと思ったら血液検査を

落ち込んでいる男性

性器周辺の痛みやかゆみ、尿道からの分泌やおりものの異常などからクラミジアかもしれないという疑いを持つ人もいるはずです。また、性行為を行った相手がクラミジアに感染していたと知ったら、病気特有の自覚症状がなくても感染しているかもしれないと不安になるでしょう。そのようなときは、病院などで検査を行って感染していないかどうかチェックすることが大切だと言えます。クラミジアの検査方法はいくつかのやり方がありますが、血液検査による検査もあるので病院の指示に従って検査を受けましょう。

血液検査でどのように病気かどうか分かるのだろうかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、クラミジアに感染している場合は血液中の抗体を調べることによってクラミジアを発症しているかどうか調べることができます。男性の場合は尿、女性の場合は膣ぬぐい液などで検査することもできますが、他の病気と一緒に検査するときなどは血液検査が推奨されることが多いです。検査方法がどちらになるかは病院や医者の判断で異なるので、診察してもらった医者の指示に従ってクラミジアに感染しているかどうかチェックしてもらいましょう。

この感染症に感染しているかどうかチェックするための血液検査は病院以外でも行うことができるので、病院に行くことが難しいときは検査キットを活用することもできます。検査キットで血液検査ができることを知らない人は多いですが、特殊な採血器具が送られるのでそれを利用すれば指先から血を採取することができます。採取した血液をろ紙などに染み込ませて送るだけで、病院と同じように病気かどうかの検査をしてもらうことができるでしょう。クラミジアの血液検査を病院以外でしたいと考える場合は、検査キットの活用を検討することもおすすめです。

血液検査を行うことに抵抗がある人もいるかもしれませんが、クラミジアになったときにはこのような検査が必要となることもあります。検査すれば確実に感染しているかどうか判断することができるので、感染の疑いがあるときは病院や検査キットで血液検査を行うようにしてください。もしもパートナーとふたりとも感染している恐れがあるのであれば、一緒に病院を受診したり検査キットを使用したりすることも大切だと言えます。血液検査を行うことでクラミジアかどうか判断でき、早期治療につなげることができるので、なるべく早く検査を行うことができるようにしてください。