• ホーム
  • クラミジアの感染は対策を練ることである程度は防ぐことができます

クラミジアの感染は対策を練ることである程度は防ぐことができます

ウィルス

対策を練って実施すれば、クラミジアの感染はある程度防ぐことができると言われているので、どのような方法が有効か正しい知識を持って実行していくことが大切です。クラミジアは感染者数がとても多い病気なので、性行為を行うのであれば絶対に感染しないとは言い切れません。この性病を発症してしまうと性器に痛みなどを覚えるだけではなく、症状が悪化すると生殖機能の重い症状や不妊症などを引き起こす可能性があるので、感染することがないように対策を練っておきましょう。

まず、クラミジアに感染する理由として多いものにコンドームを使用せずに行ったセックスやアナルセックスをあげることができます。女性がピルを飲んでいて妊娠の心配がなかったり、男性同士でセックスをしたりするときは、避妊具を用いないという人たちも少なくありません。しかしながら、たとえ妊娠してしまう恐れがないとしてもコンドームを使用しなければクラミジアのような性病を発症する可能性があります。相手がクラミジアを患っていると分かっているときはもちろんですが、性病の有無がハッキリしていないときでも常にコンドームを用いることが大切です。

また、オーラルセックスによって感染することも多いので、これについても感染してしまうことがないように注意しておかなければなりません。オーラルセックスを行うときにコンドームを用いる人は少ないので、粘膜や性器が直接接触して感染してしまうことが多いと言えます。うがい薬を用いれば大丈夫だと勘違いしている人もいますが、うがい薬では予防することができないので、オーラルセックスを行うときもコンドームを装着するか、感染者にはオーラルセックスをしないようにしてください。特に性風俗を利用したときにオーラルセックスを行ってクラミジアをうつされる男性が多いので、性風俗を利用するときはコンドームなしでオーラルセックスをしないように注意しておきましょう。

このような対策を実施すれば粘膜や性器の接触を防ぐことができるので、ある程度は感染を防ぐことができます。他にも定期的に性病検査を受けてパートナーとうつし合ってしまうことを避けることも大切ですし、不特定多数の人とセックスを行って感染率を高めてしまうことがないようにすることも大切です。性行為を行うのであれば何かしらのきっかけで感染してしまうことがありますが、こういった対策をとっておけばかなり感染率を下げることができるはずなので覚えておきましょう。