• ホーム
  • 不妊症に繋がることもある女性のクラミジアは特に要注意

不妊症に繋がることもある女性のクラミジアは特に要注意

クラミジアは性器に症状があらわれますが、特に女性の場合は自覚症状が起こりにくいことでも有名です。この病気に感染したときには膣の入り口に痛みを感じたり、生理以外で出血が起こったり、おりものの量が急に増加したりするという変化があらわれます。しかしながら、これらの変化は必ずしも起こるわけではありませんし、人によっては症状があらわれても軽度で気づかないことがあるようです。そのため、病気に感染していることを気づけずに、そのまま治療せずに放置してしまうことは少なくありません。ですが、クラミジアを治療せずに放置すると不妊症に繋がることもあるので非常に危険だと言えます。

女性が感染した場合は膣の入り口などに感染が見られますが、治療しないでいると原因菌は体内の奥のほうに侵入していくので、様々な生殖機能に悪影響を与えてしまい、とても危険です。たとえば、卵管炎や卵巣炎を引き起こし、卵管が正常に働かなくなることで子宮外妊娠が起こったり、卵管が癒着して妊娠することができなくなったりします。他にも骨盤腹膜炎や肝周囲炎を引き起こすこともありますが、不妊や大きな病気に繋がる可能性が高いので早期治療が必須だと言えるでしょう。

クラミジアは早い段階で治療を始めれば確実に治すことができる病気なので、感染したときには一刻も早く治療を始めることが望ましいです。病気の特性上、女性は感染していることを自覚しにくいという問題がありますが、普段から性行為を行うのであれば定期的にクラミジアの検査を受けるなどすると、病気になったときにすぐ気がつくことができます。また、パートナーが感染しているときは、自覚症状がなくてもパートナーから病気をうつされている可能性があるので、一緒に検査を受けてみたほうが良いです。

男性の場合もクラミジアを放置しておくことで不妊症になる恐れがありますが、女性の場合は自覚症状があらわれにくいので、男性よりも治療が遅れやすい傾向にあります。知らず知らずのうちに発症していてそのまま不妊を引き起こしてしまうことがないようにするためにも、定期的に性病の検査を受けたり些細なことでも病気を疑ったりすることが大切です。女性の中にはそれほど性感染症に対して危機感を抱いていない人も多いのですが、感染してしまったときには大きな問題に至ってしまう可能性があるので、他人事だと思わずに危機感を持って生活することが大切だと言えます。